葬儀のマナーの失敗は他の儀式よりも目立つことがありますが気にせずに気持ちを込めて参列することが大事です。

葬儀のマナーを意識しすぎて失敗するより気持ちを込めて参列

葬儀のマナーを意識しすぎて失敗するより気持ちを込めて参列

日本にも世界にも冠婚葬祭のマナーがありますが、特に日本は宗教や家庭によってやり方が様々です。どんなに覚えても本番でうまくできることのほうが少ないかもしれません。つい、「あ、失敗しちゃった」のようなことがあると思います。結婚式などのにぎわったところですと、みんながおしゃべりしてたりしてあまり気付かれませんが、葬儀のような静かなところではちょっとしたことが目立ちますし、動き方がわからないために周りの人の動きを参考にしようとしてるみんなに自分の動きを見られてしまうこともありますし、実際はそんなに自分を見てない状況でも、しっかり見られてると思いこんで余計に恥ずかしさが増してくることもあります。

葬儀ではとりあえず動きよりも見た目をきちんとしたほうが良いかもしれません。喪服のタイプやバッグ、靴などにもありますね。エナメルのようなテカテカした質感のものは好ましくありませんし、ネックレスやタイピンなどにも細かいことがあります。私の友達に、パールのネックレスを2連にしてきた人がいました。2連は場違いですので、こっそり教えてあげたのですが、その人もかなり冠婚葬祭のことを勉強してきたらしいですがやはり当日は緊張と悲しみとで心ここにあらずの様子だったようでネックレスのことまで気が回らなかったようです。このような感じでマナーの勉強をしてもうまくできないことは結構多いです。みなさん同じですね。

何度も繰り返して行われることではありませんし、その場その場で参列するところの宗教やマナーを勉強する程度でよろしいのかもしれません。日本はマナーが多く、それを海外でも高く評価されておりますが、すべてを習得するのは大変ですね。頑張って頭に詰め込んでも当日忘れてしまうこともありますし、実践で練習するということもなかなか難しいです。葬儀はそういった形にこだわるよりも、気持ちがこもってることが大事だと思います。故人に対して、ご家族に対して気持ちを込めて参列することを心がけたいです。

人気の中古車関連情報。ここのホームページで情報収集しましょう。。