葬儀に参列するマナーは服装や香典など気を配ることが必要ですが、それほど難しく考える必要はありません。

葬儀のマナーを意識しすぎて失敗するより気持ちを込めて参列

葬儀に参列する時の服装やマナー

葬儀はそれほど頻繁にありませんが、ちゃんとマナーを身につけて参列することが大切です。会社の代表で参列することもあると思いますから、急な参列で慌てないようにマナーを身につけておく必要があります。一番、気を配るマナーに服装があります。女性の方は、派手なメイクやアクセサリーは身につけないように参列します。黒系のスーツやワンピース、パンストを履いていきます。最近は、生脚の若者が多くいますが必ず履いて参列するようにします。

男性の場合は、黒のスーツに黒のネクタイで、なるべく白いシャツを着ていきます。葬儀にお子さんを連れて行く方もいますが、お子さんの場合は学校の制服を着て参列させます。制服がない場合は、地味な服装でも構いません。急な出席で困らないためにも社会人になったら揃えておくのがおすすめです。今はバッグやアクセサリーなどセットで買うことができますし、安く買えます。頻繁に着る機会もありませんからレンタルもおすすめです。

その場合は、近くに利用できるお店を調べておくと便利です。ほとんどのお店は、急な通夜にも対応しています。初めて参列する方には香典の金額も気になると思います。金額は付き合いの深さにもよります。同僚や上司なら5000円から1万円、親戚の方には1万円から2万円ぐらいと言われています。4万や9万円は入れないのがマナーです。お悔やみの言葉は一礼をしてから伝えます。手短でそれほど堅苦しい挨拶をする必要はありません。

人気の中古車関連情報。ここのホームページで情報収集しましょう。。