葬儀に参列する際に最低限知っておきたい大人として、社会人としてのマナーや正しい立ち振舞いについてです。

葬儀のマナーを意識しすぎて失敗するより気持ちを込めて参列

葬儀に参列、大人としての最低限のマナー

葬儀に出席する際に気を付けたい大人としての最低限のマナーです。通夜の翌日、葬儀告別式に出席します。服装は一般的には喪服になります。男性はスーツでも構いませんが黒のネクタイやソックスを着用しましょう。男女共に光沢のあるものや毛皮もの、派手な装飾品や柄物は外します。女性は黒のワンピースやスーツなどでも構いません。その際も肌の露出がないように、派手なメイクやネイルをしないように気を付けます。

まず始めに葬儀場に到着したら、受付でお悔やみを述べます。香典と記帳を済ませます。香典の金額は事前にどれくらいが一般的なのかをチェックして、多すぎないように注意します。お札は必ず古いものを用意しましょう。新札は使いません。新札の場合は折り目を付けてから包みます。香典袋の表書きは宗教によって変わるので御霊前が無難です。中袋も忘れずに書きましょう。書き方は事前に確認を。連名の場合などは特に注意です。香典袋は裸のままではなく、ふくさを使います。包みかたはお祝い事と異なるので注意します。参列する側は開始から出棺まで出席するのが基本的。遅刻は一番のマナー違反です。次に、着席したら焼香をします。これも宗教により異なりますので、分かるのであれば前もって調べておくといいです。遺族の方に声をかけられても、長々と話をするのはマナー違反です。また、知人友人に会うことがあるでしょうが見つけても無駄な私語は控えましょう。その後最後のご挨拶、出棺と進みます。お食事を出されたら、供養のためのものなので箸をつけるだけでもいいので頂くようにします。しかし楽しい場での食事会ではないのでお酒の頂きすぎなど、賑やかになりすぎることがないよう注意です。小さい子がいる場合は目を離さないようにします。騒いだりぐずったりするようであれば後方の席にいたほうが動きやすいです。最後の出棺の際は帽子やコートを脱ぎ、合掌してお見送りをしましょう。

人気の中古車関連情報。ここのホームページで情報収集しましょう。。