通夜や葬儀ではマナーを守って個人や遺族に失礼の内容にふるまう必要があります。宗教によって形式が異なります。

葬儀のマナーを意識しすぎて失敗するより気持ちを込めて参列

知っておきたい葬儀のマナーについて

葬儀は人が亡くなった時に冥福を祈って行う厳粛な儀式です。葬儀に参列する際には、マナーを誤らないようにする必要があります。人はいつ亡くなるか予想ができないものなので急に葬儀に参列しなければならなくなることが多いものです。葬儀に出たことがなかったりあまり慣れていない場合には葬儀のマナーがよく分からず焦ってしまいがちです。まず死亡の連絡が届いたら通夜か葬儀に参列することになります。通夜は夜に行われ、葬儀は日中に行われるため、一般客は仕事などの都合から通夜のほうに参列し、親族は葬儀のほうに参列することが増えています。ただし、故人と親しい間柄の人は、なるべく通夜と葬儀の両方に参列します。衣装は黒が基本で、光る物、派手な物、毛皮はタブーです。

通夜か葬儀には香典を持参します。香典は遺族の葬儀代のたしにするための目的と個人へのお供えという意味合いがあります。香典は宗教によって形式が異なりますので注意します。金額は故人との間柄によって相場が決まっており、必要以上にたくさん入れる必要はないようです。中に入れるお札は新札だと、亡くなるのが分かって用意していたかのように見えるとして古いお札か新札には折り目を入れるなどが必要です。通夜や葬儀では、遺族への挨拶は手短にお悔やみの言葉を述べるのみとします。また、ほかの参列客と大声でしゃべったり、遺族に故人が亡くなった時の事に触れるのは避けます。葬儀は宗教によって形式が異なるので注意します。