葬儀でのマナーを守るということは、その人の死に対する尊厳を守ることなので、これを守るようにしましょう。

葬儀のマナーを意識しすぎて失敗するより気持ちを込めて参列

葬儀とマナーと人の死と

葬儀は、人の死を悼む場所ではありません。人の死を悔やむ場所でもありません。じゃあどういう場所なのか、それは、死んだ人を供養する場所です。供養するに当たって、心をこめる必要はあっても、気持ちをこめる必要はありません。なぜなら、憎しみや怒り、悲しみや哀しみ、喜びや悦びなどといった感情は、邪念になりやすいからです。供養するときは心をこめて、なにも考えず、粛々としなければなりません。それが葬儀という儀式です。そのためには、必要最低限のマナーを守らなければなりませんし、そのマナーを破ることは許さざる行為です。人の死を、尊厳ある死を、土足で踏みにじるのとおなじような行為です。許されることではありません。まあ、ここまで強く言いはしましたが、人としての必要最低限の常識があれば、十分できるようなことですし、人として出来なくてはならない当たり前のことなので、皆さんは出来ていると思います。私は、出来ていない人と出会ってしまいました。ただそれだけのことです。

葬儀というものは粛々とするべきもの、私は、クラスメイトが死んだ所で、それがたとえ親友だったとしても、泣き喚くことはないだろうし、取り乱すこともないでしょうし、それがどんな人間であったとしても、その尊厳を踏みにじるような行為はしたくありません。やるなら終わった後にすれば良い、そう思っています。むしろ、クラスメイトだからこそ、親友だからこそ、尊厳を踏みにじるようなことは出来ないはずです。

人気の中古車関連情報。ここのホームページで情報収集しましょう。。