若い世代がマナー違反してしまいがちな葬儀の身だしなみについて、役立つ情報を口コミたいと思います。

葬儀のマナーを意識しすぎて失敗するより気持ちを込めて参列

葬儀に参列するときの身だしなみのマナー

あまり参加する機会はない葬儀ですが、いざという時マナーについて疑問に思ったりする事があります。特に若い世代の人は参加した事がない人もいるので、間違った身だしなみをしがちです。例えば、喪服を着る事は分かっているが、メイクの仕方が分かっていないパターンが多いようです。葬儀に参列するのに、普段と同じようにばっちり濃いメイクで来るのはマナー違反です。

悲しみを表現するのに、濃いメイクをする必要はありません。ベースメイクをして、チークや口紅は色みのないベージュ系のもの、アイメイクも必要最低限に抑えて、ナチュラルにします。アイシャドウはラメやパールのものは避け、これもベージュ系の色みのないものにします。アクセサリーなどの宝飾品も本来はNGですが、真珠の物に関してはよいとされています。葬儀のときは光ものはNGと覚えておくといいです。

数珠は持っている人と持っていない人がいると思います。仏教徒は持っている人がほとんどです。いろんな宗派の方がいると思うので、特に気にしなければ、持たなくてもいいようです。ただ、持つにしてもそれぞれの家系の宗派があるので、結婚している方は義両親や、両親に一度確認するのが無難です。また、小さなお子さんがいる場合は、親族の葬儀以外の場合は預かってもらうのがベストです。親族の場合は、できるだけ通路側に座り、子供が静かにできなくなったら、すぐに席を立てるようにするのがいいでしょう。子供の服はわざわざ冠婚葬祭用に揃えたものがなければ、白っぽいトップスに黒っぽいズボンやスカート、白や黒の靴下を着せて色みはおさえた服装にするといいです。

人気の中古車関連情報。ここのホームページで情報収集しましょう。。